仕事に対する心構え

仕事に対する心構え

ニートという言葉が増えたのって、いつ頃からでしょうか?

私もニートではないですが、一時期日雇いで派遣をしている時期がありました。
確かに安定こそありませんが、体を動かしている事で、働いている実感も味わえますし、やはりお金が無いと何も出来ないですからね…。

でも、ちゃんと会社に勤めている人からすれば、日雇い労働者もニートも変わらないのかもしれません…。

20代の頃は、仕事を辞めてしまうのは、自分のせいではなく、会社の環境が悪いからではないか?と思っている時期がありました。

しかし、20代後半になって、自分の甘さを痛感しました。
それは会社の先輩から言われた事が大きいと思います。

「やりたくない仕事を任される時もある。もちろん、上司に小言を言われる事もある。でもそんな事を間に受けていたら、前に進めない。いつか、大きい仕事を任されるくらい大きな人間になれ!」

私はこの言葉の意味は、言われた時にすぐに理解する事ができませんでした。

しかし、今なら何となく分かります。
そこで逃げてしまっては、今まで学んだ事が全てパーになってしまいます。

今は新人だから、失敗ばかりでも、いつかそれが報われる気が必ずくる。
そういうのをちゃんと見てくれている人が、必ずいる。

そうおっしゃりたかったのではないか?と思います。

copyright(C)なぜ失業するのか