失業した時の心構え

失業した時の心構え

失業すると、今まで仕事をしていた時間にポッカリと穴が開きます。

その期間にある意味、自分を見つめ直すイイ機会かもしれません…。
しかし、やはり時が経つにつれ、失業する事によって、給料が貰えなくなる不安の方が大きいですよね?

ですが、くじけてはいけません。

私が言いたいこと…それは、失業したのを会社のせいにばかりしてはいけない、という事です。
これからの時代は実力主義の時代と思っています。
それはつまり、失業者にとっては、「新しい自分に変わるための転機である」と考える事が出来ないでしょうか?

サラリーマンの時代というのは、安定していますが、それは裏を返して考えると、「生活の基盤というものを会社任せにしていた」という事は考えられませんか?

もちろん、サラリーマンみたいに会社という組織に身を置き、誰かに管理されながら仕事をする事は、立派な生き方ですし、否定するつもりもありません。

しかし、人生は一度きりです。
たった一度、失業という石につまずき、転んだくらいで落ち込んでいてはいけません。

私が失業されている方に言いたいのは

「失業したのを、不況な会社のせいにしてはいけない!」

という事です。

皆、つまずいて強くなるんです。
つまづかない人生なんて単純な人生ではないか?と私は思います。

copyright(C)なぜ失業するのか